ロゴがあるこの車

側面には大きくAZUSAという文字と△のロゴがありこの車両、走行中は前面表示器でに列車名とこのロゴが交互に表示される。キハ281系が軽量ステンレスと前頭部のみ普通鋼製としたがE351系普通鋼製の車体である。

パンタグラフは台車とを支持棒によって直結されている。これは振り子車両故のシステムでカーブに差し掛かった時に車体ではなく台車の動きに合わせて車体を傾ける。台車は線路に合わせてあるため振り子車体のように傾かず、トロリー線を一般電車の走行と同じ位置で接触出来るようにしている。

折り返しのスーパーあずさの出発を見守って昼食。信州そばで体力を回復してテキトーに駅を見て回ることに。E351はしばらく来ないんで見てるとやたらE353系が来るもんだからおかしいな~っ調べると1本は試運転だった。マジか。といっても試運転かどうかなんてE353しか書いてない前面には分からなかった。しいて分かりやすいと言うならこれか。E353系の9両編成。現在のE353は営業運転は全て3+9の12両編成だから珍しいんじゃないかな。でもせっかくなら3両編成が見たいよね~。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ