車の将来

僕が気に入って聞いているラジオ番組のスポンサーには自動車メーカーがついている。日産と三菱だ。この所よく宣伝しているのは、電気自動車。

三菱のはPHEVで、普段は電気で走り、電気が切れたらガソリンで走って同時に電気を貯める。そうして、走行距離を伸ばしているのだ。日産の電気自動車は車自体が家庭用電源になる、と言うのを宣伝していた。

ただ、電気自動車の宣伝でガソリン代がかからないと言う宣伝をしているが、電気代は高くなると突っ込みたくなる。

それと日産・三菱ともこの所、自動ブレーキなどの自動システムを宣伝している。ゆくゆくは完全自動運転車を開発するような傾向だ。

僕は近い将来、完全自動運転車が登場するだろうと思う。特に高齢化と過疎化が進む地域には絶対に必要になってくる。公共交通機関が不便になる一方の過疎地では車はなくてはならないものである。しかし、高齢者に運転を任せてはおけない。そこで、完全自動運転車が必要になってくるのだ。

僕も完全自動運転車が欲しい。飲みに出る時には、自分で運転していき、帰りは自動運転で家まで送って貰うのだ\(^o^)/

こうなると、現在あるような「手動運転車」、特にミッション車はマニアだけの物になるのかもしれない。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ