マクラーレン

いよいよ今週末から2015年シーズンのF1グランプリが開幕し(オーストラリアGP:予選3/14・決勝3/15)、レーシング部門が携わるF1チーム「マクラーレン・ホンダ」にも注目が集まる中、マクラーレン・オートモーティブがブランド史上最速のロードゴーイングカーを世界初公開した。

ジュネーブショーで世界初公開された「675LT」は、マクラーレン史上もっとも軽量かつパワフル、そして必然的にもっとも速いモデルとなる。また、生産台数は全世界でわずか500台と、もっともエクスクルーシブなモデルでもある。

車名の「675」は675psを放つ最高出力から、「LT」は伝説的なマクラーレンのレースカー「F1 GTR ロングテール(LT)」に由来している。

ベース車は、クーペ/スパイダーを揃える「650S」。ここから最速の称号を得るための軽量化やパワーアップ、空力特性の最適化などが行われている。

軽量化ではトレッド拡大や各種エアロパーツによって、ベース車から40%もダウンフォースを向上させながら、薄型ガラスやポリカーボネート製エンジンカバーの採用などによって、ベース車から100kg以上の軽量化を達成している。

3.8リッターのV8ツインターボ・エンジンも、50%以上の新たなコンポーネントを採用。最高出力675ps/最大トルク700Nmは、ベース車を25ps/22Nm上回る数字だ。また、7速デュアルクラッチの変速レスポンスも最大で2倍も高速化され、0-100km/h加速は2.9秒をマークする。

公道でも走れる「675LT」ではあるが、ガチのパフォーマンスを解き放てる舞台はサーキット以外には考えられない。
英国での価格は259,500ポンド(約4,730万円)で、さらに世界限定500台という狭き門ではあるが、マクラーレン・ディーラーを通じて日本からも注文することができる。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ