片山豊氏

ダッツンZは陸軍士官学校出身者が全員飼う車だなどという伝説があったですね。チンパン君は1960年型初代フエアレデーがヘンテコで面白かったです。たしか国内向けは1000cc35馬力、輸出向けは1200cc43馬力でした。今の馬力表示では、当時の馬力は1割引いて考えないと拙いので、30馬力そこそこです。トヨタ2000GTでも130馬力行かない程度なのですから、フィット程度の速さだったのでしょう。
初代フェアレディのミッションは、フロアシフのギアが無かったので、ダットサントラックのギアを流用したらしく、床から随分高くそびえていました。Zが現れてヒットするまではヘンテコでしたね。
片山さんに冷や飯を食わせた社長は名前も思い出せないですが、既に死んじゃってるのでしょう。ダットサンと言う名前まで消し去ってまで社長になりたいのかな…なんて思ったものです。

田さん、青山さん、竹内さんという出資者の名前を獲ったDAT号が大きくて売れなかったので、小柄版ダット号をDATSON(ダットの息子)と名付けたものの、損したくないと思ってSONをSUNに代えた…なんて経緯も顧みずに「We are Nissan」なんて大キャンペーンを打ったのもヘンテコでした。
お家騒動などするからカルロス・ゴーンに高給を払う羽目になったのでしょう

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ